【スパイスアンバサダー】南インドのサンバル風の豆と野菜のカレーで朝ごはん

こんにちは。

入学式は終わりましたが、登校するのはまだ先の息子。(それまでは、オンラインでオリエンテーション)

来週1日だけ登校するのですが、

「来週学校に行くけど、お土産何がいい?」

と聞いてきました(*´∀`)

どうやら旅行気分のよう。

確かに電車通学だけども!(そんなに遠くには行かない)

住んでいるところよりは、都会な場所だけども!

まさかのお土産発言に大爆笑でした(ノ´∀`*)

さて、今回のスパイスアンバサダーのテーマは、

「スパイスを使って世界の朝ごはんを作ろう!<おかず・スープ編>」

新生活も始まり、何かと慌ただしい毎日、朝ごはんをしっかりと食べて元気に過ごしたいですよね。

今回は、お題のスパイスの中から、

GABANあらびきガーリック

GABANブラックペパー<パウダー>

GABANガラムマサラ

を使って、南インドで朝ごはんに食べられているという「サンバル風の豆と野菜のカレー」を作ってみました。

インドには行ったことはないけど、インド料理は大好き。

今回のサンバルという豆のカレーは、食べたことがないんです💦

なので、完全に私のイメージで作っているので全然違うものかもしれないですが、スパイスたっぷり野菜だけのカレーなので、朝から重くならずに食べられると思います。

少しでも南インドっぽさを感じれもらえたらうれしいです(*^-^*)

サンバル風豆と野菜のカレー(たっぷり4人分)

サンバル風豆カレー

材料

なす 2本

かぼちゃ 240g

玉ねぎ 1個

しめじ 1パック

冷凍いんげん 2つかみくらい

ひよこ豆 1缶

カットトマト缶 1缶

梅干し 2個

水 600㏄

GABANクミン<ホール> 小さじ1

GABANあらびきガーリック 小さじ1

カレー粉 大さじ1と1/2

塩 小さじ1/2

GABANガラムマサラ 小さじ1/2

GABANブラックペパー<パウダー> 少々

オリーブ油 大さじ1

作り方

  1. なすは2㎝角に切り、水に10分ほどさらす。かぼちゃは一口大、玉ねぎはみじん切りにする。しめじは石突きを切り、ほぐす。いんげんは長ければ、食べやすい大きさに切る。
  2. 梅干しは種を取り除き、ペースト状になるまでたたく。
  3. 鍋(冷たいままでよい)にオリーブ油をしき、あらびきガーリック、クミン<ホール>を入れて、中火で香りが出るまで炒める。
  4. 2に玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、1のなす、かぼちゃ、しめじ、いんげん、水気を切ったひよこ豆を加えてサッと油が回るまで炒める。
  5. 4にカレー粉を入れて、全体にカレー粉がいきわたるように混ぜ合わせたら、トマト缶、水、2の梅干し、塩を加えて野菜が柔らかくなるまで中火で煮る。
  6. 野菜が柔らかくなったら、味を見て塩気が足りないようなら塩を加えて味を調える。最後にブラックペパー<パウダー>、ガラムマサラを加えてひと煮立ちさせる。
  7. 器に盛り付けたら完成。

ポイントや感想など

サンバルは酸味のある豆と野菜の入ったスープカレーなんだそうです。

酸味を出すにはタマリンドを使用するそうですが、梅干しで代用できるとのことだったので、今回は梅干しを使用しました。あればタマリンドを使用するとより本格的な味になると思います

カレー粉、ガラムマサラはお好みで加減してくださいね。

カレー粉は、自家製のものを使用しています。クミン多めのカレー粉です。

野菜は今回の野菜以外に、大根やじゃがいも、キャベツ、ピーマンでもよいと思います。

お好みの野菜を入れてくださいね。

野菜たっぷりでサラッと食べられる豆と野菜のカレー、良かったら試してみてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ご飯だけでなく、パンにもよく合いますよ~!


【レシピブログの「スパイスを使って世界の朝ごはんを作ろう!」レシピモニター参加中】

スパイスで世界の朝ごはん料理レシピ

スパイスで世界の朝ごはん料理レシピ  スパイスレシピ検索

スパイスブログ認定スパイスアンバサダー2021
スパイスブログ認定スパイスアンバサダー2021


レシピブログに参加中♪

The following two tabs change content below.
アバター

tomo

料理、パンやお菓子作りが好きな高校生の息子の母です。 韓国料理大好き、韓国語も少しずつ勉強中です。 コミュニケーションスキルアドバイザー 2021年スパイスアンバサダー