黒ゴマさつま芋マフィン

ここ最近、毎日のようにリビングで踊る息子。
学校で行われる学習発表会でやるものだとか。

「ネタバレしちゃってごめん!」

と言いながら、楽しそうにドタバタドタバタ。
こんなに楽しそうに踊ってるなら、本番はしっかり見ないと!
楽しみ~😊

さて、今日はさつま芋を使って大学芋のような(さつま芋きんぴらかも?)マフィンを作りました。

スポンサーリンク

黒ゴマさつま芋マフィン(6個分)

材料

さつま芋 小1本(今回は138gでした)
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1
卵 1個
太白ごま油 65g
はちみつ 65g
牛乳 大さじ2
黒ゴマ 大さじ2

作り方

1.さつま芋は角切りにし、ゆでるか蒸して柔らかくしておく。

2.薄力粉とベーキングパウダーは、合わせてふるう。
3.ボウルに卵を割り入れ、泡だて器で溶きほぐす。

4.太白ごま油、はちみつ、牛乳を順番に入れ、その都度、泡だて器でよく混ぜる。

5.黒ゴマと1のさつま芋を入れ、ゴムベラで軽く混ぜ合わせる。

6.ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れ、粉っぽさがなくなるまで、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜる。

7.マフィン型に入れ、予熱したオーブン180℃25分焼く。

8.焼き上がり~♪

 

作ってみて

焼きたてをおやつに食べました~✨

見づらいですが、中にさつま芋がところどころに入っています。
甘味がはちみつだけなので、控えめな甘さ。
でも黒ゴマとはちみつのおかげか、大学芋のようなさつま芋きんぴらのような味になりました。
そのまま食べるのも美味しいですが、バターをつけて食べるのが美味しい。
マフィンにバターと言えば、昔、ミスドでプレーンマフィンを買うとつけてくれるマーガリン。
あれ、すっごく好きでした。(ってどうでもいいですね)

マフィンは、冷めたらオーブントースターで軽く焼くと良いです。
息子は、バターより、塩をパラパラと振って食べるのが好きなんだそう。
かけたのは、雪塩  
塩もオススメ。

甘さ控えめなので、朝食にもぜひ♪

はちみつは、こちらを使いました↓

 

クリックしていただけると嬉しいです↓


レシピブログに参加中♪


人気ブログランキング

The following two tabs change content below.

tomo

料理、パンやお菓子作りが好きな中学生の息子のハハです。 反抗期の息子とのケンカは毎日! それでも楽しい我が家にするため、日々奮闘しています!

スポンサーリンク

おやつ

Posted by tomo