【スパイスアンバサダー】韓国の定番「干し鱈のスープ」(プゴク)」で朝ごはん

こんにちは。

昨年度に引き続き、2021年度も「ハウス食品×レシピブログ」のスパイスアンバサダーとして活動させていただくことになりました😊

今年度も気軽に取り入れられる簡単なレシピをお伝えできたらいいなと思っています✨

よろしくお願いします!

さて、今回のスパイスアンバサダーのテーマは、

「スパイスを使って世界の朝ごはんを作ろう!<おかず・スープ編>」

お題のスパイスから、GABANあらびきガーリック、GABANブラックペパー<パウダー>、GABANレッドペパー<パウダー>を使って、韓国の「干し鱈のスープ(プゴク)」を作りました。

韓国では、お酒を飲んだ翌朝に飲まれているそうですよ。二日酔いに良いそうです✨

干し鱈は、骨もなく、臭みもないので、魚が苦手な方でも食べられると思いますよ~。

干し鱈のスープ(4人分)

干し鱈のスープ

材料

干し鱈 25g

大根 270g

長ねぎ 1/3本

しめじ 100g

豆腐 1/2丁

卵 1個

水 干し鱈の戻し汁と合わせて1000㏄

塩 小さじ1/2~(アミの塩辛がないときは小さじ1~)

アミの塩辛 小さじ1

鶏がらスープの素(またはダシダ)大さじ1

あらびきガーリック 小さじ1

ブラックペパー<パウダー> 少々

レッドペパー<パウダー> 少々

ごま油 適量

作り方

  1. 干し鱈は食べやすい大きさにキッチンばさみで切り、水(分量外)に10分ほど浸けて戻す(戻し汁はとっておく)
  2. 大根はいちょう切り、長ねぎは斜め切り、しめじは石突を切ってほぐす。豆腐はさいの目に切る。
  3. 温めた鍋にごま油をしき、干し鱈を入れて軽く炒める。(中火)
  4. 大根、長ねぎ、しめじを加えて油が回るまで炒め、干し鱈の戻し汁と合わせた水、鶏がらスープ、あらびきガーリックを入れて、大根がやわらかくなるまで煮る。
  5. 豆腐を加え、ひと煮立ちしたら、塩、アミの塩辛、ブラックペパーを加えて味を調える。
  6. 最後に溶き卵を回し入れ、火が通ったら完成。
  7. 器に盛り付け、レッドペパーをお好みでふりかける。

ポイントや感想など

韓国風朝ごはん

塩味のさっぱりとした味がおいしいスープです。

野菜と干し鱈がたっぷりと入っているので、ご飯とスープだけでも満足の朝ごはんになります。

スープにごはんとキムチを入れて、クッパのようにして食べてもおいしいです!

食欲のない朝でもサラッと食べることができますよ~✨

今回は、大根、しめじ、長ねぎを入れましたが、じゃがいもや人参、小ねぎを入れてもよいですよ~。

お好みの野菜を入れてくださいね😊

最初にも書きましたが、魚が苦手な方でも食べやすいと思いますので、良かったら試してみてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

魚が苦手な夫もこれなら食べてくれます!

干し鱈は韓国食材を扱っているお店で購入しました。



【レシピブログの「スパイスを使って世界の朝ごはんを作ろう!」レシピモニター参加中】

スパイスで世界の朝ごはん料理レシピ

スパイスで世界の朝ごはん料理レシピ  スパイスレシピ検索

スパイスブログ認定スパイスアンバサダー2021
スパイスブログ認定スパイスアンバサダー2021


レシピブログに参加中♪

The following two tabs change content below.
アバター

tomo

料理、パンやお菓子作りが好きな高校生の息子の母です。 韓国料理大好き、韓国語も少しずつ勉強中です。 コミュニケーションスキルアドバイザー 2020年スパイスアンバサダー